川崎区
モバイル深南 - どこでも、深南といっしょ。
川崎フロンターレ創立10周年記念事業合同プロジェクト
Pait it Blue 2007
川崎大師タウンネット
The English Pub HUB - 川崎店
住まいと暮らしの店 忠ぶね商店

コラム

 

元々サッカーをするのが好きだった。

「川崎」を意識し始めたのは、1991年にJリーグ開幕が決まってから。
大好きなサッカーで、自分の街にプロチームができる。
なんて素晴らしいんだろう。

『ヴェルディ』

1993年。当時、高校生の自分にはJリーグの地域密着の理念と、地元『川崎』を本拠に置くクラブの存在が眩しく思えた。
だが現実は、緑のクラブが川崎に目を向けることは1度も無かった。
虚しかった。
悲しかった。

1996年。当時のJFL所属のアマチュアチーム・富士通川崎がプロ化しJリーグを目指すことを知った。
本拠地は「川崎」。

話を聞けば、目が地元に向いているクラブらしい。
その年の天皇杯4回戦対ガンバ大阪戦、等々力競技場へ応援に行った。
これが、私と川崎フロンターレ、そして今では通い慣れた等々力競技場での最初の公式戦だ。

2004年。
これまで約200試合応援してきたが、何がそうさせるのか?

それは、サッカーは楽しいものであるということ、地元川崎のクラブだから、
スタジアムで多くの人たちに出会えたから、という理由以外私には見つからない。

現在Jクラブは全国に28、自治体にはたった25しか存在しない。

その1チームがここ川崎にある。ならばそれを楽しまない手はない。
J1になってから等々力に行くのでは、普通ではないか。

応援に行くなら、今から、だ。
                                                    2004・7・1

                            KAWASAKI Deep South /川崎深南  高橋 陵次

 

なぜフロンターレを応援しているのか。
 
それはフロンターレが好きだから。

じゃあ、フロンターレが好きなのはどうしてか。

ぶっちゃけ言わせてもらえば、そんな問いに答えはない。

好きになったものに理屈なんかないのだ。好きだから好き、そんだけ。

でも、きっかけというものなら、人それぞれあるはず。

「自分が生まれ育った街のチームだから。」

ほとんどの深南メンバーはそうだろう。
私の場合は微妙に違うかもしれない。
川崎で生まれ育ったわけではないから。

でも今は川崎に住んでいて、それがきっかけでフロンターレが気になったんだから
意味は同じだと思ってる。

要するに地元のチームだからってこと。

地元にJリーグのチームがあるって、実はとても幸せなことだと思う。
盛り上げて、そして盛り上がって、一緒に楽しまない手はない。

「サポーターの声援は力になる。」

選手がそう言っている以上、勝って欲しいと願ってる私はスタジアムで声を出す。

「お客さんが多いと燃えるものがある。」

選手がそう言っている以上、勝って欲しいと願ってる私たちは少しでも多くの人が
スタジアムに来てくれるように、できる努力をする。

皆さんの周りに、等々力に呼べそうな人はいないだろうか?
どうか、少しでもフロンターレに興味を持ってもらえるように、仕向けてもらえないだろうか。

“地元のチーム”という格好の口実があるんだから。

                           KAWASAKI Deep South /川崎深南  T.Cosaka

 

今から1年半程前・・・ フロンターレどころか、サッカーの「サ」の字も知らない男が居た。

「彼」は、あるキッカケで「川崎深南」と出会うことになり、
まずは、等々力デビューというわけで、スタジアムへつれて行かれた。

いきなりGスポット・・・

最初は戸惑っていた彼だが、白熱したゲーム!熱気に包まれた応援!!!

自然と体は動き、声を張り上げていた。
新たなサポーター誕生の瞬間だ。

何を隠そう、「彼」とは、私の事である。
地元でこんなに楽しい事があるとは・・・


「人生損してた」


それからは、ゲーム結果が、気になって仕方ない。

正直、詳しいルールはよく解らない。
でも それでもイイと思う・・・
熱い情熱があれば!

俺達に出来ることはなんだ!?

そう 俺達が出来ること。
それは、出来る限り、フロンターレを盛り立てること!


「とにかく応援に行こう!」


そこから、全てが始まる・・・

頑張れ川崎! 頑張れ川崎フロンターレ!

                                     KAWASAKI Deep South /川崎深南
                                 バスツアー部隊ドライバー隊長 塩澤章浩

 

理由なんて、いくらでもあるし、ましてや解釈の仕方なんて、人の数だけあると思う。

今、こうして書いている時も。

もしかすれば、過去。

幾度と無く、語り尽くされた事なのかも知れない。

だけど、敢えて言わせて貰う。


「俺達は、フロンターレが好きなんだ」


今まで、心の何処かにその「気持ち」があって、そして、
これからもその「気持ち」を、胸の何処かに持って、生きて行きたいと思う。

「等々力に来て、『一緒に』フロンターレを見て・聞いて・跳ねて・飛んで。。。
そして、「応援」してみないか???」

遺言でも無ければ、助言でもない。

ただ、本当に、僕がそう思えるだけなんだ!!!

人によっては、その姿が、まるで「真夏の蝉時雨」に見れるかも知れない。

また、違う人には、「自分で見つけた」一つの居場所になるかも知れない!

解釈は良いんだ。。。

人の数だけ、有るのだから・・・。


  Life is together 『川崎フロンターレ』


                      KAWASAKI Deep South /川崎深南  トラック軍団 豊川丸

 

2003年11月23日 J2最終戦

我らが川崎フロンターレはサンフレッチェ広島に勝利した。
でも昇格できなかった・・・。僅か勝ち点1の差で・・・。

川崎フロンターレが、昇格した新潟・広島とくらべて足りなかったものはなんだろうか?

戦力なのか、資金なのか、選手の気持ちなのか、サポーターの力なのか・・・。

ただ、戦力だとか、資金だとか、我々サポーターが云々言ってもしょうがない。

我々にできることは、1人でも多く、等々力をはじめとするスタジアムに足を運ぶこと、
そして熱く選手たちをサポートすることだ。

実際に昨年の平均動員は7,200人程度。
一昨年の2002年より増えているとはいえ、昇格した新潟・広島に大きく劣っている。

2004年、今年はなんとしてでも、川崎フロンターレをJ1に昇格させなければならない。

そのためにも、1人でも多くの川崎市民がスタジアムに足を運び、
全力で川崎フロンターレをサポートしよう!

せっかく、川崎に「川崎フロンターレ」というチームがあるんだから・・・。


                            KAWASAKI Deep South /川崎深南  滝田 昌宏

 

生まれも育ちも川崎市川崎区です。
生まれてこの方、川崎を離れたことがない。

東京と横浜の大都市に挟まれ狭いところで、南北3km位しかなく、東西に非常に長い。

そんな地形からウナギの寝床などと言われる。市民も川崎に向くより東京や横浜に向いてしまう。
そんな街にプロサッカーチーム 川崎フロンターレが有ります。

なぜか、そんなフロンターレが大好きです。なぜフロンターレが好きなのか?

簡単に言うと一生懸命だから。

プロチームがなかなか育ちにくい川崎で、根を張ろうとしている。

競技場での楽しいイベント、気軽にサインに応じる選手、
親しみ易いスタッフ、常に市民・ファンにサッカーを楽しんで貰おうとする姿勢が有り、
目線が低く常に市民の方を向いているのです。

攻撃的なサッカースタイルも好きです。

今年(2004年度)は、悲願のJ1(ジェイリーグ 1部)への昇格を目指して、首位を快走中です。


 ”川崎フロンターレで川崎に活力を起こそう”


川崎生まれの川崎育ちのプロサッカーチーム 川崎フロンターレを応援しよう!

等々力(川崎市等々力陸上競技場)へLet’s Go!

                          KAWASAKI Deep South /川崎深南   K.Takahashi

 

俺達の街を盛り上げよう!

フロンターレで盛り上げよう!
そんなとこから、集まった最高な仲間たち。
川崎最南部、川崎区から一人でも多くの人を等々力に向かせ、あのスタジアムを青く埋めつくす為に!


「俺達に何ができる?」


何もせずにじっとしてられない。
自分だけが楽しけりゃ良いでは満足しない。
そんな奴等の集まり。

KAWASAKI Deep South

口先だけの奴はいらない。
行動あるのみ。
バカと呼ばれてもいい。
何もしない奴等よりいいだろう。
それが「深南魂」、ハンパ者は要らない。

一緒に熱くなろう!


                             KAWASAKI Deep South /川崎深南  しゅんすけ