呟きリスト
最新|その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11
川崎区
モバイル深南 - どこでも、深南といっしょ。
Pait it Blue 2008
川崎大師タウンネット
The English Pub HUB - 川崎店
住まいと暮らしの店 忠ぶね商店

深南の呟き

いっしょにおフロんたーれ

昨年12月6日から2月6日までの約2ヶ月に渡って行われた「いっしょにおフロんたーれ」。
川崎フロンターレと川崎市内の銭湯がお互い盛り上がれるようにとコラボした企画です。
川崎市内には67(うち川崎区内は33)もの銭湯がありまして、全部入ると何かもらえるらしい、ということで私もChallengeしました。
市内各所に点在していて移動が大変だったりしましたが、何とか最終日に67銭湯全湯制覇できました。

銭湯も店員の高年齢化、スーパー銭湯などの台頭による客不足、収入不足などにより、昔に比べて数が減ってきているのが現状。
ただ、今回の企画をきっかけに、川崎フロンターレはもとより、川崎市内の各銭湯も盛り上がってくれればいいかなと願っております。

tatsumiyu1.jpg

tatsumiyu2.jpg

tatsumiyu3.jpg
写真は川崎区小田にある「辰巳湯」さん。
深夜24:00まで開店していて遅くても行ける銭湯で、男湯には檜風呂、女湯には露天風呂があるのが特徴です。

大師の暑い夏2010

ワールドカップが終わり、川崎フロンターレも7月14日 第11節大宮アルディージャ戦(△0-0)からJリーグ戦が再開しました。7月17日(土)には第13節鹿島アントラーズが行われ(●1-2)、Jリーグも熱い戦いが行われてますが、この時期、川崎大師でも毎年恒例の夏のイベントが開催されます。
7月17日(土)から5日間、川崎大師にて風鈴市が開催されてます。
(8月1日(日)ベガルタ仙台戦@等々力で行われる「風鈴市」のもとはこれです。)
海の日の7月19日(月・祝)には川崎大師サマーフェスタと称して、午前にウォークラリー、午後には大師ごりやく通り・川中島共栄会にて大師サンバカーニバルやダンス・大道芸などのイベントが開催されます。
サンバカーニバルは以下のスケジュールで行われます。
 13:00~    サンバ教室
 15:00~15:30 サンバ第1回(川中島→川崎大師駅方面)
 17:00~18:00 サンバ第2回(川崎大師駅側→川中島→川崎大師駅側)

3連休の最終日真夏の昼間、ご都合がよろしければ、是非大師までお越しください。

samba09.jpg
昨年のサンバカーニバルの様子。

落としてたまるか! ~プリンスリーグ絶対残留~

ban_home_l_u18_kozukue.jpg

2010シーズンにやっとプリンスリーグ(2部)へ昇格を果たした川崎フロンターレU-18。
しかし、現在全11試合中8試合を消化した時点で2勝6敗、12チーム中10位と厳しい戦いを強いられてます。
12チーム中下位3チームは、来年プリンスリーグで戦うことが出来ないという、厳しいリーグので、残留を果たすためには、残り3試合、勝たせるしかありません。

U-18は将来のフロンターレを担う選手たちです。
トップチームを強化するためには、この世代も強くしていかないといけません。
プリンスリーグに残れるか否かで、将来のフロンターレも違ってくるかと思います。

ですので、まずは5月30日(日)日産フィールド小机に1人でも多くのサポーターに集まっていただき、勝たせるべく、U-18イレブンを熱く応援しましょう!!
都合をつけていただき、出来るだけ周りの方にも声をかけていただき、30日は小机に集結しましょう!!

前店長

遅くなりましたが、3/14のJ1第2節神戸戦の日の夜、カーネルサンダースが24年ぶりに発掘された道頓堀そばにあるHUB心斎橋店に行ってきました。
昨年(2008年)8月までHUB川崎店の店長を務めていた遠藤さんは、現在この心斎橋店の店長をやっていらっしゃいます。
元気そうで、また「濃い青黒」に染まってないようで(笑)何より。(ちなみに梅田店は「濃い青黒」の応援店だそうです。)
本当はホムスタに駆けつけたかったそうですが、仕事で行けなかったとのことでした。

特に川崎フロンターレサポーターの皆さん大阪界隈にいかれた際、時間があれば、HUB心斎橋店に寄ってみてはいかがでしょうか。

hubshinsai.jpg
写真右が店長の遠藤さんです。

川崎区市民活動フェスティバル

去る2月14日、教育文化会館で行われました「川崎区市民活動フェスティバル」へいってきました。
福祉関係や環境問題に取り組むNPOなどの団体が参加してました。
川崎区内でもいろいろな団体が活動されていることを知り、川崎区の方々の地力を感じた次第。

kufes092.jpg
1Fの物販コーナー「きなりっこ」さんにて。
普段は塩浜で環境にやさしい、使用済みの食用湯を使って造った石鹸、歯磨き粉などの作成、販売をしております。
ためしに、その石鹸、歯磨き粉を購入。まだ使用してませんが、使ってみればその違いが分かる・・・かな?
ちなみに、そこのスタッフの1名がほぼ全試合駆けつけるほどの川崎フロンターレサポだそうです。

kufes094.jpg
4Fの福祉コーナーでは、マッサージ体験、点字講習、介護体験などのコーナーがありました。
こちらは「スターシックス」さんによる点字コーナー。
点字は主に6ヶ所の点の有無の組み合わせから構成されているそうで、
それを踏まえての文の作成体験などをやってきました。

kufes093.jpg
3Fでは江戸かっぽれの演舞が行われてました。
週2回ほど練習を行っているそうです。

ありがとう、関さん。

頭の中がグルグルと、いろんな想いが回ってて、整理できてない。
一番大切な芯が抜かれたみたいな気持ちだ。

しかし、試合は待ってくれない。
今まで培われた関塚魂と共に、今こそヴクトルを合わせて、進んでいこう。

立ち止まるな、100年先もフロンターレはつづく。
いつか帰ってくることを信じて。
その時まで俺達でもっともっと大きなフロンターレにしよう。


J2時代から共に闘ってきた。
初めて必勝祈願に大師に来た関さん。
細身であったが、交わした握手と、眼鏡の奥の目力はとても力強かったのを覚えている。
そして、笑ったときの関さんの笑顔が大好きだった。

ありがとう。そのひと言では言いつくせないこれまでの功績。
今まで共に闘えて良かった、本当にありがとう。

関塚さんの体調の回復を祈ってます。


今度こそ・・・。

2007年シーズン、J1リーグ、ACL、ナビスコカップ。
我らが川崎フロンターレは初タイトルを目指して戦ってきました。
しかし、いずれもあと一歩のところで、タイトルには手が届きませんでした。

ただ、まだ天皇杯が残っています。元旦国立で笑えるためにも、全力で戦いましょう。
まずは、明日12月8日の5回戦・ヴィッセル神戸戦。
場所は神戸総合運動公園ユニバ競技場。(3月に試合を行ったホムスタではないので注意)

残念ながらスタジアムに駆けつけることの出来ないサポーターもいますが、
スタジアムに行く方は、その方の分まで全力で選手たちをサポートして、勝たせましょう!

神戸にも風邪にも負けるな、川崎フロンターレ!

2007年リーグ戦「は」終了

12月1日の大宮戦を持って、長かった2007年J1リーグ戦は終了いたしました。
3月3日の鹿島戦に始まり、J1リーグ戦を戦いながら、異国の地でのAFCチャンピオンズリーグ、ナビスコカップでの試合という、選手にとってもスタッフにとってもサポーターにとっても、内容の濃いハードなシーズンだったと思います。

観客数も急増し、HOME平均17,000人を越えるほどになり、等々力が青く染まってきたなと実感しました。街中でもフロンターレタペストリーやポスターが貼られ、川崎市内も青く染まってきたと思います。

来シーズンは観客数増加、そして等々力に来てくれたサポーターのうち、より多くの熱い声でフロンターレ選手たちを後押ししていけるようにしたいと思います。今年以上のご協力のほどよろしくお願いします。

とはいえ、リーグ戦が終わっただけで天皇杯がまだ残っています。あと1ヶ月戦います。
まずは8日の神戸戦(神戸ユニバスタジアム)、年末で多忙かとは思いますが、
1人でも多くのサポーターが現地に駆けつけ、川崎フロンターレを勝たせましょう!